【テロ支援国家】 中央日報「日本軍に爆弾投げた尹奉吉の「尹奉吉平和祭り」、中国人の参加が減少したのは残念」

11pt   2017-05-19 19:22
まぜるな!キケン!!速報

1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/04/27(木) 14:53:19.02 ID:CAP_USER 29日は梅軒(メホン)尹奉吉(ユン・ボンギル)義士(1908-32)の中国上海虹口公園義挙85周年となる日だ。日帝強占期間に踏みにじられた韓国人の心を晴らした快挙であることを知らない人はほとんどいない。25歳の青年・尹奉吉は85年前のその日、天皇誕生日を記念した日本軍首脳部に水筒型爆弾を投げた。1909年10月に安重根(アン・ジュングン)義士(1879-1910)のハルビン義挙に続き、大韓独立に対する熱望を表出した。

尹義士は中国人にも大きな衝撃を与えた。中国国民党を率いた蒋介石(1887-1975)がそうだ。義挙の直後、「中国の100万の大軍もできないことを朝鮮の一人の青年がしたのだから感激だ」と述べた。尹義士に対する感謝から中国にあった大韓民国臨時政府を全幅支援したりもした。このような流れは1943年12月に韓国の独立が国際的に初めて合意されたカイロ宣言まで続いた。尹義士と中国の縁は今でも続いている。尹義士の故郷の忠清南道礼山郡(イェサングン)で毎年開催される「尹奉吉平和祭り」に中国は8年連続で参加している。29、30日の2日間行われる今年の祭りにも、ハルビン安重根記念館、ハルビン731部隊罪証陣列館の関係者ら4人が訪れる。細菌マルタ部隊など日帝の蛮行を説明し、北東アジア平和音楽祭など付帯行事にも参加する予定だ。

しかし今年は少し違う。何よりも訪韓団規模が以前の半分ほどに減った。昨年は大韓民国臨時政府所在地の上海・杭州・重慶記念館、安重根義士が殉国した旅順監獄の関係者など約10人が訪問した。その前も状況は似ていた。韓国のTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備決定に対する中国側の反発という声が聞こえる。

丈夫出家生不還--。尹義士が故郷を離れてはるか上海へ向かいながら残した言葉だ。「男が家を出れば志を成し遂げるまで戻らない」と誓った。青年尹奉吉の決意を改めて感じる。「男が世の中を生きていくこと、その志は大きい」という安重根義士の「丈夫歌」も思い浮かぶ。個人はもちろん国際関係もそのような大きな志が重要だ。危機の北東アジア情勢を解決していくカギになる。日帝の欺まん策により韓国と中国の農民が流血衝突した1931年の万宝山事件が解決したのも、尹義士の義挙がきっかけになった。目の前の小利に両国の大利を縮小する中国の態度が残念だ。

パク・ジョンホ/論説委員

ソース:中央日報/中央日報日本語版【コラム】日本軍に爆弾投げた尹奉吉と韓中関係
http://japanese.joins.com/article/542/228542.html

関連スレ:【韓国】 韓中関係、解決法は対日歴史協力にある~日本は韓国と中国の公共の敵、と中国に伝えよ[04/26]
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1493197874/

引用元: ・【韓国】 日本軍に爆弾投げた尹奉吉と韓中関係~「尹奉吉平和祭り」参加の中国人減少、中国の態度は残念[04/27] [無断転載禁止]©2ch.net

c?ro=1&act=rss&output=no&id=6148780&name
   TVあんてなトップページへ
TV番組(ドラマ、お笑い番組、アニメなど)のアンテナサイトです。の話題が沢山。